産毛脱毛は難しいって本当?

金髪の白人女性の画像

ムダ毛に悩む沖縄女性のみなさん。産毛の処理ってどうしていますか?

沖縄の人は毛量が多いので、1本で見ると目立たないハズの産毛も、結構存在感があります。

とくに背中などは自己処理するもの大変ですよね。

最近は全身の脱毛を選ぶ人も増えてきています。昔と比べて全身脱毛の価格もリーズナブルになっているからです。

「せっかく脱毛するなら全身キレイになりたい!」という考えに行きつく人が増えてきています。

全身脱毛プランにはもちろん産毛と呼ばれる部位の施術も含まれてきますが、実はこれまでの光脱毛は産毛を脱毛する事が難しかった事をご存知でしょうか?

その理由を説明していきますね。

従来の産毛脱毛の落とし穴

従来の光脱毛は毛のメラニン色素をターゲットとして、メラニンに光を反応させる事で熱を生み出し、毛根にダメージを与え、脱毛していました。

産毛はメラニン色素の成分が少なく、光が反応しづらいのです。そうなると充分な熱が生まれず、その微弱な熱がかえって毛根を刺激してしまい、活性化した毛根は毛を太くしてしまうと言われています。

一旦硬毛化した毛は元に戻らず、対策としては脱毛が完了するまで施術を繰り返します。

回数制限や期限付きの脱毛コースを選択してしまうと、硬毛化したまま脱毛完了という事もあり得ます。

追加料金を払って産毛を脱毛する事にもなりかねません。

硬毛化を初めから避ける方法があります。それはSHR脱毛です。

SHR脱毛で産毛脱毛!

背中をshr脱毛している画像

SHRは濃い毛の脱毛はもちろん、産毛に対しても脱毛効果があります。

SHRはメラニン色素を狙った脱毛法ではなく、毛包呼ばれる毛を生成する器官に直接ダメージを与えるからです。

メラニン色素に関係なく脱毛ができるので、毛の濃い薄いは関係ありません。

硬毛化しやすい太ももや肩周り、お腹や背中といったオシャレ女子が気になるパーツの脱毛もSHRは叶えてくれます。

全身脱毛を考えている方はぜひSHR脱毛を試してみてはいかがでしょうか♪